FX長期保有のメリットとデメリットは?

 


FX新たな資産運用に利用しようという方が増えてきました。

 

資産運用で最もポピュラーで、資産運用の目玉が貯蓄の高利息であったのですが、最近は金利が安くなり、ほとんど運用するメリットが無い状態です。

 

現在の資産運用の流れとしては資金をもっと活用できる方法としてFXに注目が集まっています。

 

FXは一般にリスクが大きいため、利子などの単純な利回りを見越した投資ができませんが、それでも銘柄によっては安定銘柄がありますので、そのようなものを利用して取引をしていくという考えかたがあります。

 

安定銘柄であれば、変動の状況もインフォメーションが多いため取引で大きなミスを起こすリスクは少なくなると考えられます。

 

さらに変動の周期も大きな波で推移しているものがほとんどなので、長期の取引予測や計画が立てやすいと言えます。

 

このような安定銘柄にあわせたFXでは長期保有のメリットが存在していますので、資産運用などまとまった資金を運用するためには貯蓄型よりはるかに利益の出るのがメリットです。

 

しかし、そういっても、FXには保証がありません。

 

相場が予測に反することも日常茶飯事です。

 

何か突発的な原因(国際紛争、異常気象、大事故、経済破綻)などが原因で、相場が落ち込む場合もありますので、リスクはやはり高く、金額が多ければやはり損失による痛手も大きいと言うデメリットは否定できません。

 

昨今の例でも、世界市場の相場が一挙に暴落するということが実際にありますので、企業年金が大赤字となってしまったり、破産といった憂き目に逢われる可能性もあるのがFXなのです。

 

FX長期保有のメリットとデメリットは?

 

 

中・長期投資のコツ
外為どっとコムの資産運用例、FXの長期運用のポイントがまとめてあります。